ゴッホは、なぜ『ひまわり』をたくさん描いたのか

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、フィンセント・ファン・ゴッホの『ひまわり』について書かせていただきます。

ゴッホが『ひまわり』を描いた理由

今回ご紹介する『ひまわり』は、オランダのポスト印象派の画家で、炎の画家とも呼ばれたフィンセント・ファン・ゴッホが1888年に描いた作品です。
92.1 cm × 73 cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はアメリカのロンドンにある、ナショナルギャラリーで所蔵されています。

ゴッホは、生涯で多くの「ひまわり」をテーマとした作品を描いています。
ゴッホ=「ひまわり」というイメージを持っている人も少なくないでしょう。
それほど、ゴッホとひまわりの関連性は強く、『ひまわり』はゴッホの代表作だと言えます。

では、なぜゴッホは、それほどまでに多くの「ひまわり」を描いたのでしょうか。
実は、ゴッホにとって「ひまわり」は、元気や希望を与えてくれる存在でした。
ゴッホは、明るい南フランスのアルルの雰囲気が大好きでした。
そんな、大好きなアルルの太陽ように明るいひまわりから、元気をもらっていたのでしょう。

そして、ゴッホは1888年、アルルに移り住み、ゴーギャンと共同生活を始めました。
先にアルルに移り住み、ゴーギャンを待っている間、ゴッホはゴーギャンを迎え入れる部屋を、絵画でいっぱいにしたいと思っていたそうです。
そして、ゴーギャンが訪れるまでの間、たくさんの絵画を描きました。
今回ご紹介している『ひまわり』も、その時に描いた作品です。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ひまわり》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP