ムンクが描いた『灰』頭を抱える女性は誰?

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドヴァルド・ムンクの『灰』について書かせていただきます。

『灰』に描かれた女性はムンクの恋愛相手だった

今回ご紹介する『灰』は、ノルウェーの画家で、フランスやドイツでも活躍した、エドヴァルド・ムンクが1894年に描いた作品です。
120.5cm x 141 cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はノルウェーの首都にある、オスロ国立美術館で所蔵されています。

『灰』には、白い服を着た髪の長い女性が頭を抱えて立っている姿が描かれています。
また、画面左下には、頭を抱えてうずくまる男性の姿も描かれていますね。
この女性と男性は、いったいどういう関係なのでしょうか。
白い服の女性は、ミリー・タウロヴではないかと言われています。
ミリー・タウロヴは、人妻でしたが、ムンクと1885年頃から数年間、交際していたのです。
そして、左下の男性は、ムンク自身だと言われています。
ムンクにとって、人妻との禁じられた恋愛は、苦しいものでもありました。
ムンクは自分自身の辛い恋愛をテーマに『灰』という作品を描いたのでしょう。
禁じられた恋愛に困惑する気持ちが、表現されています。

ムンクは作品に、自分の感情を表現することが多いという特徴がありますが、『灰』にも、ムンクが不倫に後悔している気持ちが、表現されているのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《灰》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP