波乱万丈!ポール・ゴーギャンの生涯とは

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、『かぐわしき大地』を描いたポール・ゴーギャンについて書かせていただきます。

タヒチ初訪問時に描いた『かぐわしき大地』

今回ご紹介する『かぐわしき大地』は、フランスのポスト印象派の画家であるポール・ゴーギャンが1892年に描いた作品です。
91.3cm×72.1cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、日本の岡山県倉敷市にある大原美術館で所蔵されています。

ゴッホと共同生活をしていたことでも有名なポール・ゴーギャンは、実はとても波乱万丈な人生を歩んでいます。
1848年6月7日パリで生まれた、ポール・ゴーギャンは17歳の時、航海士になりました。
普仏戦争にも従軍しましたが、1871年軍務から解放され、パリで大手株式のブローカー、つまり証券マンになったのです。
その後、結婚し、5人の子供にも恵まれ、給料もよく、何不自由ない生活を送っていたポール・ゴーギャンは、休みの日に絵を描くようになりました。
基本的には独学で絵を描いていたゴーギャンですが、アマチュアながらも、印象派のグループ展に出品するなどし、作品は売れ、賞もとっていました。
そして、ゴーギャンは証券会社を退職し、画家になることを決意しますが、生活は困窮していきます。
貧困生活を続けながら、作品を描き続けたゴーギャンは、アルルでゴッホと共同生活を行ったり、タヒチを訪れるなどして生活していたのです。

『かぐわしき大地』は、ゴーギャンが初めてタヒチを訪れた時に描いた作品です。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《かぐわしき大地》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP