ヨハネス(ヤン)・フェルメール作品の魅力

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『牛乳を注ぐ女』について書かせていただきます。

時間が流れている『牛乳を注ぐ女』

今回ご紹介する『牛乳を注ぐ女』は、オランダの画家で、光の魔術師とも呼ばれ、人物画を中心に多くの作品を残しているヨハネス(ヤン)・フェルメールが1658〜1659年に描いた作品です。
45.5×41cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。

フェルメール作品は、日本でも大人気です。
今年、行われたフェルメール展は、連日大盛況だったそうです。
では、なぜここまでフェルメールの絵画は、人気を集めているのでしょうか。
実は、日本でフェルメールの絵画が話題となったのは、約20年前頃からなのです。
「真珠の耳飾りの少女」が映画化されたことも、日本でフェルメール作品が人気となった理由の1つでしょう。

フェルメールの作品は決して派手ではありませんが、惹き込まれる魅力があります。
例えば、今回ご紹介している『牛乳を注ぐ女』を見ていても、静止画のようで、静止画ではないように感じます。
一瞬の場面を切り取って描いているはずなのに、牛乳は流れ落ちているように見えます。
フェルメール作品は、過去・現在・未来を一枚の絵で表現しているのです。
こういったことが、フェルメール作品に多くの人が魅了される理由ではないでしょうか。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《牛乳を注ぐ女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP