フェルメール作品の素晴らしさ

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、『真珠の耳飾の少女』を描いたヨハネス(ヤン)・フェルメールについて書かせていただきます。

フェルメールは素晴らしい画家

今回ご紹介する『真珠の耳飾の少女』は、17世紀のオランダの画家ヨハネス(ヤン)・フェルメールの代表作で、製作年は、1665年から1666年だといわれています。
46.5cm×40.0cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館で所蔵されています。

『真珠の耳飾の少女』を描いた、ヨハネス(ヤン)・フェルメールは、17世紀を代表するオランダの画家です。
現存するフェルメール作品は35点程度と、とても少なく、フェルメールに関する記録もほとんど残されていないのです。
そのため、フェルメールは謎多き画家とも言われています。

フェルメールの作品の特徴は、キャンバスに筆跡や修正の痕跡を全く残さない精密さです。
どの作品も、とても計算されて描かれているのです。
しかし、その計算を見ている人に感じさせないというのも、またフェルメール作品の魅力です。

フェルメール作品から感じる、空気感や光は、とても計算されて描かれているにも関わらず、私達にはとても自然に感じさせてくれるのです。
そういったことも、フェルメール作品が人気を集める理由ではないでしょうか。

レアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《真珠の耳飾の少女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP