ヴィンセント・ヴァン・ゴッホとは、どんな人物だったのか

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、『暗色のフェルト帽を被った自画像』を描いたヴィンセント・ヴァン・ゴッホについて書かせていただきます。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの性格や人柄とは

今回ご紹介する『暗色のフェルト帽を被った自画像』は、オランダの画家でポスト印象派のヴィンセント・ヴァン・ゴッホが1887年に描いた自画像です。
44cm×37cmの油彩画で、現在は、オランダのアムステルダムにある「ファン・ゴッホ美術館」で所蔵されています。

『暗色のフェルト帽を被った自画像』に描かれているのは、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ本人です。
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、数々の驚くエピソードをもっていることでも、よく知られています。
そんなヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、いったいどのような性格で、どのような人柄の持ち主だったのでしょうか。

ゴッホは、とにかく頑固な性格で、自分が正しいと思ったことは、はっきりと主張していたそうです。
また、思い込んだら周囲の目など、お構いなしに行動するため、柔軟な対応ができず、人間関係がうまくいかないことが多かったようです。
気性が激しい一方で、貧しい人々を放っておけない性格で、なんらかの方法で力になりたいと考えていました。
家庭的な温もりを求める傾向があり、国家のやり方に疑問を持つなど、なんとも人間らしい人柄でもあったようです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《暗色のフェルト帽を被った自画像》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP