『叫び』と同時期に描かれた作品『生命のダンス』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドヴァルド・ムンクの『生命のダンス』について書かせていただきます。

愛と死、不安を主題として描いた『生命のダンス』

今回ご紹介する『生命のダンス』はノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクが1899年から1900年にかけて描いた作品です。
125cm×191cmのキャンバスに描かれた油彩画で現在は、ノルウェーのオスロにあるオスロ国立美術館で所蔵されています。

『生命のダンス』には、夏の夜に海辺で複数の男女が踊っている様子が描かれています。
作品の中央には、赤いドレスを着た女性が、黒っぽい服の男性と踊っている姿が描かれており、色彩のコントラストの強さが印象的です。
また作品の左側には、白いドレスの女性、右側には黒いドレスの女性が描かれており、中央を見つめるように立っています。
左側の白いドレスの女性は、若く、表情も明るいですが、右側の黒いドレスの女性は頬がやつれ、暗い表情を浮かべています、

実は、中央に描かれた男性はムンク自身だと言われています。
そして、白・赤・黒の服を着た女性は、それぞれ清純・情熱・死を表しているのです。

ムンクはこの頃、「愛と死」や「不安」を作品の主題としていました。
ムンクの代表作といえる『叫び』も、同じ時期に描かれた作品です。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《生命のダンス》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP