ムンクの『叫び』の知られざる事実

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドヴァルド・ムンクの『叫び』について書かせていただきます。

ムンクの『叫び』に隠された実は・・・

今回ご紹介する『叫び』は、ノルウェーの画家でモテ男でもあったエドヴァルド・ムンクが、1893年に描いた作品です。
91cm×73.5cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はノルウェーの首都オスロにある「オスロ国立美術館」に所蔵されています。

ムンクの代表作と言えば、本作『叫び』ではないでしょうか。
多くの方が、一度は目にしたことがある、題名を聞いたことがあるでしょう。
とても有名な、この絵画ですが、実は多くの方が勘違いをしているのです、
ムンクの『叫び』は、ムンクが叫んでいる姿が描かれた作品だと思っている方も多いでしょう。
しかし、『叫び』に描かれている人物は、ムンクではありません。
また、『叫び』に描かれいる人物は、叫んでいるわけではなく、耳に手をあてて塞いでいるのです。

ムンクは、不安感などを抱きやすい状態にあり、精神的に不安定な中、幻聴から耳を塞ぎ、恐怖から自分を守ろうとしたのです。
その時の様子を思い出しながら描いた作品が、『叫び』なのです。

有名な作品ですが、あまりこの話を知らない人もいますので、何かの機会に話してみるのも楽しいですよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《叫び》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP