ルソーらしい明るく、ポップな作品『異国風景』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、アンリ・ルソーの『異国風景』について書かせていただきます。

ジャングルを見たこと無いルソーが描いた『異国風景』

今回ご紹介する『異国風景』は、フランスの素朴派の画家であるアンリ・ルソーが1907年頃に描いた作品です。
113.5cm×160cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はアメリカのニューヨークにある、メトロポリタン美術館で所蔵されています。

パリの税関職員として働きながら、休みの日に絵を描いていたことから、日曜画家とも呼ばれている、アンリ・ルソーは、『異国風景』以外にも、ジャングルをテーマとした作品を多く描いています。
そのため、ルソーは、きっとジャングルが好きだったのかなと思いますよね。
しかし、実際のところ、ルソーはジャングルを見たことがなかったのです。
ルソーは、パリの植物園に何度も通い、スケッチを行いました。
それらを組みわせて、キャンバスの中で、ルソーのオリジナルのジャングルを作ったのです。
そのため、実際にはジャングルには存在しないような、草木なども描かれているのです。

そんなルソーの作品を、ピカソは高く評価していました。
そのため、ルソーを称える食事会まで開いていたのです。

『異国風景』は、青い空や、草木の鮮やかな緑、果実のオレンジや花の赤など、とても明るく、ポップな作品ですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《異国風景》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP