ジャン=バティスト・カミーユ・コローの『ラ・フェルテ・ミロンの風景』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ジャン=バティスト・カミーユ・コローの『ラ・フェルテ・ミロンの風景』について書かせていただきます。

田園風景の広さを感じる『ラ・フェルテ・ミロンの風景』

今回ご紹介する『ラ・フェルテ・ミロンの風景』は、1796年パリで生まれたフランスの画家カミーユ・コローが1855年〜1865年に描いた作品です。
23.7cm×39.3cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は日本の岡山県にある、大原美術館で所蔵されています。

『ラ・フェルテ・ミロンの風景』は、パリの北東部にある小さな村の風景を描いたものです。
小さなキャンバスに描かれていますが、田園風景の広さを感じることができます。
画面の左側には、積みわらと農婦が描かれており、右奥には牛と農夫が描かれていますね。
これは、『ラ・フェルテ・ミロンの風景』を見ている人の視線が、自然と絵の前景から後景に向かうようにするための工夫なのです。
視線が、絵の前景から後景に向かうことで、小さいキャンバスでも、奥行きを感じることができるため、田園風景の広さや大きさを表現することができているのです。

『ラ・フェルテ・ミロンの風景』は、自然を愛し、戸外でのスケッチを頻繁に描いたコローらしい作品ですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ラ・フェルテ・ミロンの風景》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP