ジョルジュ・スーラの『シャユ踊り』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ジョルジュ・スーラの『シャユ踊り後』について書かせていただきます。

『シャユ踊り』

今回ご紹介する『シャユ踊り』は、フランスの後期印象派を代表する画家で、新印象派運動の創設者でもある、ジョルジュ・スーラが1890年に描いた作品です。
171.5cm×140.5cmという縦長のキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、オランダ・ヘルダーラント州エーデのデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内のオッテルロー村にあるクレラー・ミュラー美術館で所蔵されています。

『シャユ踊り』には、舞台の上で踊る男女と、楽器演奏者、観客たちの姿が描かれています。
当時、スーラはパリに住んでいました。
パリのモンマルトル界隈には、カフェ・コンソールが数多くありました。
そこで、踊り子たちがフレンチ・カンカンを踊る姿を、スーラは描いたのです。

タイトルの「シャユ」というのは、「騒々しい」や「大騒ぎ」といった意味があります。

『シャユ踊り』は、様々な色を点描で表す「筆触分割」で描かれています。
そして、新印象派の創始者として知られる画家ジョルジュ・スーラが手がけた大作のひとつなのです。

全体的に落ち着いた色合いで描かれた作品ですので、寝室などリラックスする場所に飾る一枚としてもピッタリですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《シャユ踊り》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP