ポール・セザンヌの妻とセザンヌの関係

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ポール・セザンヌの『黄色いひじかけ椅子のセザンヌ夫人』について書かせていただきます。

『黄色いひじかけ椅子のセザンヌ夫人』に描かれた女性

『黄色いひじかけ椅子のセザンヌ夫人』後期印象派を代表するフランスの有名な画家で、近代絵画の父とも呼ばれるポール・セザンヌが1890年に描いた作品です。
81cm×65cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はフランスのパリにある「オランジュリー美術館」で所蔵されています。

『黄色いひじかけ椅子のセザンヌ夫人』には、一人の女性が椅子に座っている様子が描かれています。
タイトルからも想像できるように、このモデルの女性は、この作品を描いた画家であるポール・セザンヌの妻です。
妻の名前は、オルタンス・フィケといい、セザンヌは夫人をモデルとした作品を多く残しています。
セザンヌが、たくさん夫人をモデルとして描いたのは、どうしてだと思いますか?

「セザンヌが愛妻家だったから」
「セザンヌ夫妻がとても仲がよかったから」

上記のような、想像をする方も多いでしょう。
しかし、実は、セザンヌと、妻のオルタンス・フィケは、仮面夫婦だったそうです。

では、なぜ仮面夫婦だったにも関わらず、セザンヌは多くの作品で妻をモデルとして起用したのでしょうか。
その理由は、セザンヌの妻オルタンス・フィケは、とても忍耐力があり、我慢強い性格だったそうです。
一方で、セザンヌはモデルが少しでも動くと激怒してしまうような性格でした。
つまり、セザンヌの妻オルタンス・フィケは、セザンヌの気難しい性格にも耐えられる、女性だったのです。
そのため、セザンヌは、妻のオルタンス・フィケを、何度もモデルとしたのでしょう。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《黄色いひじかけ椅子のセザンヌ夫人》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP