南フランスの黄色い家でゴッホが使用していた『フィンセントの椅子』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『フィンセントの椅子』について書かせていただきます。

ゴッホがアルルで使用したいた『フィンセントの椅子』

今回ご紹介する『フィンセントの椅子』はオランダのポスト印象派の画家で、炎の画家とも言われたヴィンセント・ヴァン・ゴッホが1888年の11月に描いた作品です。
92cm×73cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されています。

『フィンセントの椅子』には、一脚の椅子が大きく描かれています。
黄色い椅子の上には、パイプがのっていますね。
この椅子は、ゴッホが南フランスのアルルで、ゴーギャンと共同生活をしていた黄色い家で使用していた椅子です。
この椅子は、本作『フィンセントの椅子』以外にも、同じくゴッホが描いた『アルルの寝室』などでも登場しています。
椅子の上に置かれたパイプも、ゴッホが愛用していたもので、『パイプをくわえた自画像』にも描かれています。

ゴッホは『フィンセントの椅子』を描いた時期に、『ゴーギャンの肘掛け椅子』という作品を描いています。
『ゴーギャンの肘掛け椅子』は、共同生活をしていたゴーギャンが使っていた椅子を描いた作品で、本作と対の作品です。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《フィンセントの椅子》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP