『パイプをくわえた自画像』でゴッホがパイプをくわえている訳とは

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、フィンセント・ファン・ゴッホの『パイプをくわえた自画像』について書かせていただきます。

恐ろしい事件のあとに描かれた『パイプをくわえた自画像』

今回ご紹介する『パイプをくわえた自画像』は、オランダのポスト印象派の画家で、「炎の画家」と呼ばれるほど情熱的なエピソードが残されている、フィンセント・ファン・ゴッホが1889年1月に描いた作品です。

51cm×45cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はスタブロス・スピロス・ニアルコスの個人所蔵となっています。

『パイプをくわえた自画像』には、耳に包帯を巻いてパイプを加えたゴッホ自身が描かれています。
なぜ、ゴッホは耳に包帯を巻いた姿なのでしょうか。

実は、ゴッホが『パイプをくわえた自画像』を描く1ヶ月程前、自身の耳を切断するという衝撃的な事件を起こしたのです。
当時、南フランスのアルルで、画家のゴーギャンと共同生活をしていたゴッホですが、精神的にかなり追い詰められており、ストレスを抱えていました。
そして、1888年12月23日の夜に、事件は起きたのです。
ゴッホが自分の耳を切断し、その切断した耳を封筒に入れて、お気に入りの娼婦のところに持って行ったのです。
想像するだけで鳥肌が立つ、恐ろしく痛々しい事件ですよね。

そして、ゴッホはこの事件をきっかけに、精神病院に入院することになりました。
『パイプをくわえた自画像』でゴッホがパイプを加えているのは、ゴッホ自身が自殺の予防にはパイプが良いと信じていたからだそうですよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《パイプをくわえた自画像》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP