ポール・ゴーギャンの『麗しのアンジェール(サトル夫人)』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ポール・ゴーギャンの『麗しのアンジェール(サトル夫人)』について書かせていただきます。

町一番の美人妻を描いた『麗しのアンジェール(サトル夫人)』

今回ご紹介する『麗しのアンジェール(サトル夫人)』は、フランスのポスト印象派の画家であるポール・ゴーギャンが1889年に描いた作品です。
92cm×73cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、フランスのパリにあるオルセー美術館で所蔵されています。
オルセー美術館は、19世紀美術専門の美術館で、印象派の画家の作品を多く所蔵しています。

『麗しのアンジェール(サトル夫人)』に描かれている女性は、ゴーギャンがフランスの町ポン・タヴァンで出会った、フレデリック・サトルの妻、アンジェールです。
アンジェールは、ポン・タヴァンで一番美しいと言われた女性でした。
さらに、アンジェールは、まだ21歳の若妻でした。

アンジェールの母は、ゴーギャンが宿泊していた宿の近くで、カフェを営んでいました。
ゴーギャンは、このカフェをよく訪れており、サトル夫妻にいろいろと、お世話になっていたそうです。
そのため、ゴーギャンは『麗しのアンジェール(サトル夫人)』を、お礼として描き、サトル夫妻にプレゼントしました。
しかし、サトル夫妻は、全く似ていないと怒って、受け取らなかったそうです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《麗しのアンジェール(サトル夫人)》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP