ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『サン・レミの道』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『サン・レミの道』について書かせていただきます。

ゴッホの晩年の作品『サン・レミの道』

今回ご紹介する『サン・レミの道』は、炎の画家と呼ばれた1800年代後期のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが1890年に描いた作品です。
33.5cm×41.2cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は日本の茨城県笠間市にある、笠間日動美術館で所蔵されています。

ゴッホの最初の頃の作品は、全体的に暗い色調で描かれているものが多く、農民や労働者の姿を描くことが多かったのです。
しかし、1886年にパリに出た際、日本の浮世絵や印象派の作品に影響を受けたことをきっかけに、明るい色彩の作品を描くようになります。
今回ご紹介している『サン・レミの道』は、ゴッホの晩年の作品ですので、全体的に明るい色彩で描かれていますね。
また、『サン・レミの道』に見られる、うねるような筆使いも、ゴッホの晩年の作品に見られる特徴です。

1888年、ゴッホはゴーギャンと南フランスで共同生活をしながら、制作活動に勤しんでいました。
しかし、その共同生活でストレスを抱えていたゴッホは、精神病を発症します。
そして、サン=レミの精神病院に入院することになるのですが、その時期に『サン・レミの道』を描きました。

『サン・レミの道』からは、力強い意思や、意気込みを感じることができます。
しかし、『サン・レミの道』を描いた翌年に、ゴッホはこの世を去りました。
原因は、はっきりと分かっていませんが、ピストル自殺だったのではないかと言われています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《サン・レミの道》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP