クロード・モネの『エトルタの絶壁』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、クロード・モネの『エトルタの絶壁』について書かせていただきます。

モネが危険な海岸に足を運んで描いた『エトルタの絶壁』

今回ご紹介する『エトルタの絶壁』は、印象派を代表するフランスの画家で、「光の画家」と呼ばれることもあるクロード・モネが1883年に描いた作品です。
65.5cm x 81.5 cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、アメリカのニューヨークにあるメトロポリタン美術館で所蔵されています。

エトルタの絶壁とは、フランスのノルマンディー地方、エトルタという小さな町にある、石灰岩の断崖絶壁のことです。
とても美しい絶景で、今でもエトルタの人気観光スポットとなっています。
エトルタの絶壁は、モネの作品にも度々登場します。
モネは『エトルタの絶壁』を描くため、人が立ち寄るのは危険な海岸に足を運んで制作していたそうです。
モネは、エトルタの絶壁に、波が打ち寄せる様子や、アーチ状の形の岩に、心惹かれていたのでしょうね。
危険や困難もある中で、描いた『エトルタの絶壁』には、力強さや自然の美しさを感じることができます。

オフイスや玄関などに飾る一枚としてもオススメですよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《エトルタの絶壁》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP