クロード・モネの『ポプラの木の下で』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、クロード・モネの『ポプラの木の下で』について書かせていただきます。

暖かで穏やかな風や光を感じる『ポプラの木の下で』

今回ご紹介する『ポプラの木の下で』は、印象派を代表するフランスの画家で、「光の画家」と呼ばれることもあるクロード・モネが1887年に描いた作品です。
74.3cm x 93 cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、ドイツのシュトゥットガルトにあるシュトゥットガルト国立美術館で所蔵されています。

モネは、南フランスから地中海沿岸を旅しました。
『ポプラの木の下で』は、その時の光景を描いた作品だと言われています。
南フランスの暖かな太陽や、穏やかに流れる風や光が作品の中で表現されています。
まさに印象派の代表と言われるモネの、手腕と言えるでしょう。

『ポプラの木の下で』に描かれている日傘を差した女性は、モネの二番目の妻シュザンヌ・オシュデです。
モネの作品に度々登場するシュザンヌ・オシュデは、アリス・オシュデの三番目の娘で、モネが最初の妻カミーユがなくなった後に再婚した相手なのです。

『ポプラの木の下で』は、男女問わず人気のある作品で、日本のインテリアにもよく合います。
とても穏やかで温かい作品ですので、プレゼントにもオススメの一枚ですよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ポプラの木の下で》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販
TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP