点綴技法によって描いたフェルメールの『牛乳を注ぐ女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『牛乳を注ぐ女』について書かせていただきます。

様々な技法を用いて描いた『牛乳を注ぐ女』

今回ご紹介する『牛乳を注ぐ女』は、オランダの画家で、光の魔術師とも呼ばれ、人物画を中心に多くの作品を残しているヨハネス(ヤン)・フェルメールが1658〜1659年に描いた作品です。
45.5×41cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。

『牛乳を注ぐ女』は、現存する少ないフェルメール作品の中でも人気の高い絵画です。
ミルク入れから流れる牛乳に、多くの人が釘付けになったのではないでしょうか。
『牛乳を注ぐ女』に描かれた、パンや牛乳、女性の頭巾は、様々な技法を用いて描かれており、それぞれ異なった質感が表現されています。
牛乳やパンの粉は、点綴技法(ポワンティエ技法)を用いて描かれていて、さらに牛乳や器の縁、パンには白色の光の粒が点描されています。
フェルメールは、これらのテクニックを20代後半で使用していたのです。
また、女性の頭巾は、布地のパリッとした手触りを表現するため、白い絵の具を重ね塗りしています。
また、厚手の生地を表現するため、粘度の高い絵の具を使用しているのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《牛乳を注ぐ女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP