力がみなぎる作品!エドヴァルド・ムンクの『太陽』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドヴァルド・ムンクの『太陽』について書かせていただきます。

ムンク作品の中で最も大きいサイズの『太陽』

今回ご紹介する、『太陽』はノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクが1911年から1916年にかけて描いた作品です。
縦4m50cm、横7m80cmというムンク作品の中では最も大きなキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、ノルウェーのオスロにある「オスロ大学」で所蔵されています。

『太陽』には、フィヨルドの海に朝日が昇る様子が描かれています。
その様子は、太陽の輝きがとても力強く、清々しい印象を与えます。
ムンクにとって太陽は、あらゆる生命の源であり、自然界を支配する存在だったのでしょう。

ムンクと言えば、『叫び』のように、不安や絶望、憂鬱などの精神的不安を描いている作品が多く、『太陽』のような明るい自然を主題とした作品は珍しいですよね。
『太陽』は、ムンクが晩年に描いた作品なのですが、晩年のムンクは精神的に安定していたのでしょう。
精神が安定していたからこそ、このような強く明るく、清々しい作品が描けたのだと思います。

ムンクの『太陽』は、その力強さや清々しさから、見ていると不思議な力がみなぎるような気がします。
オフィスに飾る絵画としても、オススメの一枚ですよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《太陽》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP