ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『ムーラン・ド・ラ・ギャレット、パリ』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『ムーラン・ド・ラ・ギャレット、パリ』について書かせていただきます。

ゴッホも描いていた『ムーラン・ド・ラ・ギャレット、パリ』

今回ご紹介する『ムーラン・ド・ラ・ギャレット、パリ』は炎の画家と呼ばれた1800年代後期のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが1886年10月に描いた作品です。
38cm×46.5cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はドイツのベルリンにある、ベルリン国立美術館で所蔵されています。

ムーラン・ド・ラ・ギャレットは、フランスのモンマルトルにあったダンスホールで、当時は庶民が酒や娯楽を楽しむ場所でした。
元々は、ナポレオンが没落した1814年に、外国軍に対して抵抗活動を行うための拠点として、モンマルトルの人々が使用していたそうです。
今は、ダンスホールの建物がフレンチレストランになっているようですね。

『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』と言えば、ルノワールが描いた作品を思い浮かべる方も多いでしょう。
実は、ルノワールだけでなく、ゴッホやコロー、ピカソやユリトロなど、多くの画家が、『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』を舞台に、作品を描いているのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ムーラン・ド・ラ・ギャレット、パリ》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP