ピエール・オーギュスト・ルノワールの『サマリー夫人』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『サマリー夫人』について書かせていただきます。

潤んだ瞳が印象的な『サマリー夫人』

今回ご紹介する『サマリー夫人』はフランスの印象派の画家であるピエール・オーギュスト・ルノワールが1877年に描いた作品です。
56cm×46cmの縦長のキャンバスに描かれた油彩画で、現在はロシアのモスクワにある、プーシキン美術館で所蔵されています。

『サマリー夫人』に描かれているのは、舞台女優のジャンヌ・サマリーです。
ルノワールとジャンヌ・サマリーは、シャルパンティエ夫人のサロンで知り合いました。
ジャンヌ・サマリーは、ルノワールのお気に入りのモデルで、一時は結婚の噂もあったそうですよ。
そんなジャンヌ・サマリーですが、富豪の息子と結婚をした10年後の33際の時、病気でこの世を去りました。

『サマリー夫人』は、ジャンヌ・サマリーが20歳の時に描いた作品で、潤んだ瞳や、ピンクがかった肌の色からは、若々しさや愛らしさが伝わってきます。
また背景は、バラ色のような美しいピンク色で描かれていて、とても可愛らしい作品です。
とても明るい雰囲気の絵画ですので、女性へのプレゼントなどでも喜ばれる一枚ではないでしょうか。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《サマリー夫人》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP