ポール・セザンヌの『砂糖壺、梨とテーブルクロス』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ポール・セザンヌの『砂糖壺、梨とテーブルクロス』について書かせていただきます。

独創性高いセザンヌが描いた『砂糖壺、梨とテーブルクロス』

今回ご紹介する『砂糖壺、梨とテーブルクロス』は、後期印象派を代表するフランスの画家で、近代絵画の父とも呼ばれた、ポール・セザンヌが1893年〜1894年に描いた作品です。
50.9cm×62.0cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は日本の神奈川県にあるポーラ美術館で所蔵されています。

『砂糖壺、梨とテーブルクロス』を描いた画家、セザンヌは20世紀の芸術家に大きな影響を与えました。
あの有名な画家、ピカソも、「セザンヌはわれわれ皆の父親のような存在だった」という言葉を残しているように、この時代の画家たちにとって、セザンヌは父のような存在だったのです。
セザンヌが、多くの画家から父のような存在だと思われていたのは、セザンヌの独創性の高さからでしょう。

『砂糖壺、梨とテーブルクロス』には、題名通り、砂糖壺と梨とテーブルクロスが描かれています。
セザンヌは、果物をテーマにした静物画を多く残しています。
特に有名なのが、りんごやオレンジを描いた作品ですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《砂糖壺、梨とテーブルクロス》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP