点描法で描かれた『グランド・ジャット島の日曜日の午後』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ジョルジュ・スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』について書かせていただきます。

グランド・ジャット島が舞台の『グランド・ジャット島の日曜日の午後』

今回ご紹介する『グランド・ジャット島の日曜日の午後』は、フランスの後期印象派を代表する画家で、新印象派運動の創設者でもある、ジョルジュ・スーラが1884年から1886年に描いた作品です。
207.6cm×308cmという大きなキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、アメリカのイリノイ州シカゴ市内にあるシカゴ美術館で所蔵されています。

『グランド・ジャット島の日曜日の午後』を描いた、ジョルジュ・スーラは、点描法で作品を多く残しています。
印象派の画家たちは、絵の具をパレットで混ざるのではなく、画面上に置いて、色を濁らせないようにして作品を描いていました。
そんな、印象派の技法を、論理的に実践したのが、点描法です。
点描法で描かれた作品は、透明感があり、鮮やかな色彩表現を感じることができます。

今回ご紹介している『グランド・ジャット島の日曜日の午後』は、セーヌ河の中洲にある公園、グランド・ジャット島を舞台に描かれています。
グランド・ジャット島は、この絵のように、多くの人で賑わっていたそうです。
スーラ以外にも、モネやゴッホも、グランド・ジャット島の風景を描いた作品を残しています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《グランド・ジャット島の日曜日の午後》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP