ジャン=フランソワ・ミレーの『星の夜』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ジャン=フランソワ・ミレーの『星の夜』について書かせていただきます。

ゴッホが影響を受けたと言われる『星の夜』

今回ご紹介する『星の夜』は、フランスの画家でバルビゾン派を代表するジャン=フランソワ・ミレーが1850年〜1865年に描いた作品です。
65.4cmx81.3cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、アメリカのコネチカット州にある、イェール大学美術館で所蔵されています。

『星の夜』は、田舎の空に浮かぶ満点の星空を描いた作品です。
まるで、プラネタリウムのように美しく、幻想的な絵画ですね。
『星の夜』は、ミレーが亡くなった時、アトリエに残されていました。
その後、グービル商会により、売却されました。
実は、このグービル商会は、ゴッホが働いていた場所でもあります。
ゴッホも『星月夜』など、星空を描いた作品を多く残してしいますよね。
ミレーの『星の夜』は、ゴッホの『星月夜』よりも30年ほど前に描かれていて、ゴッホは、ミレーの作品に大きく影響を受けたと言われています。

『星の夜』は、見ているだけで心が癒やされる作品ですので、寝室などに飾るのがオススメです。
お誕生日や結婚記念日など、様々なお祝いのプレゼントとしても喜ばれる一枚ではないでしょうか。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《星の夜》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP