メイドを描いたフェルメール作品『牛乳を注ぐ女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『牛乳を注ぐ女』について書かせていただきます。

フェルメールが描いた『牛乳を注ぐ女』

今回ご紹介する『牛乳を注ぐ女』は、オランダの画家であるヨハネス(ヤン)・フェルメールが1658年〜1659年頃に描いた作品です。
45.5×41cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。

『牛乳を注ぐ女』には、フェルメール家で、家事を行っていたメイドが描かれています。
ただし、フェルメールの作品は謎が多く、定かな情報はわかっていません。
この時代は、メイドや使用人は、男性の欲望を満たす存在として描かれることが多く、決して称賛される存在ではありませんでした。
しかし、フェルメールは、メイドや使用人を称賛し、尊さを持って作品を描いていました。
フェルメールは『牛乳を注ぐ女』以外にも、メイドをモデルとした作品を多く残していますが、そのほとんどの作品で、モデルの女性に対する尊さや親しみが表現されています。

『牛乳を注ぐ女』は、フェルメール・ブルーが、とても印象的です。
フェルメール・ブルーとは、メイドのエプロンや、テーブルの上のクロスなどで使用されている青色のことで、フェルメールが様々な作品で使用した顔料です。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《牛乳を注ぐ女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP