正統的な絵画教育を受けていたエドガー・ドガ

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドガー・ドガの『赤い衣装をつけた三人の踊り子』について書かせていただきます。

しっかりと観察して描かれた『赤い衣装をつけた三人の踊り子』

今回ご紹介する『赤い衣装をつけた三人の踊り子』は、1834年にパリで生まれた、フランスの印象派の画家であるエドガー・ドガが1896年に描いた作品です。
65.9×54.4cmの紙に描かれたパステル画で、現在は日本の岡山県倉敷市にある、大原美術館で所蔵されています。

印象派の画家の中では、最も正統的な絵画教育を受けていたと言われるエドガー・ドガは、裕福な家庭に生まれました。
そんなエドガー・ドガは、国立美術学校で絵画教育を受け、20歳のときにはイタリアを旅行しながら、様々なルネッサンスの巨匠たちの作品を研究したり、古典的な絵画技法を学んだりしました。

『赤い衣装をつけた三人の踊り子』は、舞台袖で出番を待っている三人の踊り子を描いたのではないかと言われています。
ドガの作品は、しっかりとモデルを観察し、デッサンを繰り返し行って描いているという特徴があります。

ドガは生涯で、多くの踊り子をテーマにした作品を描いていますが、どの作品も、踊り子たちをよく観察して描いているのが伝わってきます。
その場の雰囲気が伝わってくる作品が多く、作品に引き込まれていくような魅力があります。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《赤い衣装をつけた三人の踊り子》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP