若くして亡くなったモネの妻カミーユを描いた『散歩 日傘をさす女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、クロード・モネの『散歩 日傘をさす女』について書かせていただきます。

『散歩 日傘をさす女』

今回ご紹介する『散歩 日傘をさす女』は、フランスの印象派の画家、クロード・モネが1875年に描いた作品です。
100cm×81cmという大きなキャンバスに描かれた油彩画で、現在はアメリカ合衆国のワシントンD.C.にある国立美術館ナショナル・ギャラリーで所蔵されています。

実は、モネは日傘をさす女性をモデルとした作品を3枚残しています。
今回ご紹介している『散歩 日傘をさす女』は、3枚の中で一番初めに描かれた作品で、モネの最初の妻カミーユと息子のジャンが描かれています。
『散歩 日傘をさす女』を描いた4年後に、妻のカミーユは結核で亡くなってしまいます。
カミーユが亡くなった時、まだ32歳という若さでした。
モネは、愛する妻を失った悲しみをこらえながら、制作活動に勤しんでいました。

そして、カミーユが亡くなって数年後の1886年、モネは『日傘をさす女性』を再度描きました。
もちろんカミーユは亡くなっていますので、モデルはカミーユではありません。
モネの再婚相手だったアリスの連れ子がモデルになったのではないかと言われています。
ただ、2枚目と3枚目の『日傘をさす女性』は、顔の表情がハッキリと描かれていません。
きっとモネは、亡き妻を思い浮かべながら描いていたのでしょう。

『散歩 日傘をさす女』は、モネの妻への愛情が表現されている作品なのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《散歩 日傘をさす女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP