ピカソも絶賛、アンリ・ルソー

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、アンリ・ルソーの『異国風景』について書かせていただきます。

『異国風景』

今回ご紹介する『異国風景』は、フランスの素朴派の画家であるアンリ・ルソーが1907年頃に描いた作品です。
113.5cm×160cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はアメリカのニューヨークにある、メトロポリタン美術館で所蔵されています。

『異国風景』を描いたアンリ・ルソーは、27歳頃、パリで税関職員として働き始めます。
幼い頃から絵を描くのが好きだったルソーは、この頃から本格的に絵を描くようになりました。
1866年には、無審査で出品できる「第二回アンデパンダン展」に出品しました。
しかし、きちんと絵画を学んでいないルソーの絵は、酷評されてしまいます。
それでもルソーは、夢を諦めず、画家となることを決意し、1893年には仕事を辞めました。
美術教育を受けていなかったルソーは、『絵画の描き方読本』という本を片手に独学で絵画を学んでいたそうです。
ルソーの作品は、独自の世界観があり、不思議な世界が広がっています。
そんなルソーを、あの有名画家ピカソは絶賛していたそうですよ。

ルソーの独特の世界観は、見ているだけで楽しい気持ちになります。
明るい配色の作品が多いことも理由の1つでしょうね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《異国風景》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

最近の投稿

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP