『立っている芸術家の妻の肖像(縞模様の服を着たエディット・シーレ)』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エゴン・シーレの『立っている芸術家の妻の肖像(縞模様の服を着たエディット・シーレ)』について書かせていただきます。

シーレが妻を描いた『立っている芸術家の妻の肖像(縞模様の服を着たエディット・シーレ)』

今回ご紹介する『立っている芸術家の妻の肖像(縞模様の服を着たエディット・シーレ)』は20世紀を代表するヌード画家とも呼ばれる、オーストリアの画家であるエゴン・シーレが描いた作品です。
『立っている芸術家の妻の肖像(縞模様の服を着たエディット・シーレ)』を描いたエゴン・シーレは、クリムトと並ぶ世紀末ウィーンを代表する画家です。
シーレもクリムトも、「生と死」や「エロス」をテーマとしていました。
しかし、当時は、とても保守的な時代でした。
そのため、「エロス」をテーマにした作品に対する風当たりは強かったようです。

シーレは、とてもスキャンダラスな画家としても有名です。
16際の妹をヌードモデルにしたり、近所の子供を誘って勝手にモデルにしたりしていたそうです。
そしてある日、13歳の少女を誘拐した容疑でシーレは逮捕されました。

そんなスキャンダラスな画家であったシーレですが、とてもイケメンで、かなりモテたそうです。
実際に、17歳の時、モデルのヴァリと恋愛関係になり同棲を始めます。
しかし、アトリエの向かいの家に住んでいた令嬢姉妹のアデーレとエディトとも、いい関係になっていたのです。
最終的に、ヴァリと別れてエディトと結婚したシーレですが、実際は両方をつなぎとめておきたいと考えていたそうですよ。
そんなプレーボーイであったシーレが最終的に選んだ女性がエディットで、今回ご紹介している肖像画のモデルとなっている人物です。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《立っている芸術家の妻の肖像(縞模様の服を着たエディット・シーレ)》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP