印象派と後期印象派の両方で活躍したカミーユ・ピサロ

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、カミーユ・ピサロの『自画像』について書かせていただきます。

カミーユ・ピサロの『自画像』

今回ご紹介する『自画像』は、19世紀のフランスを代表する印象派の画家カミーユ・ピサロが1873年に描いた作品です。
55.5cm×46cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、フランスにあるオルセー美術館で所蔵されています。

この『自画像』は、ピサロ自身が自分の姿を描いたものですが、この作品が描かれた時、ピサロは43歳でした。
その時期、ピサロはセザンヌと共に、絵画制作をしていました。
ピサロが、若き画家であったセザンヌを自宅に招いて、印象主義の技法を伝えていたのです。
そして、印象派展にセザンヌの作品を入れるように、強く推薦したそうですよ。

ピサロとセザンヌは、共に絵画制作を行うことで、互いに影響を受けあっていました。
その結果、ピサロもセザンヌも、この時期に技法が変化しています。
ピサロから影響を受けたセザンヌは、作品の色調に明るさを加えたり、黒を取り除いたりするようになったのです。

このように、ピサロは若い画家たちの、よき協力者で援助者でした。
そういったことが、ピサロが「印象派の父」と呼ばれている理由です。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《自画像》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP