様々なレッテルを貼られたゴッホの人生

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『暗色のフェルト帽を被った自画像』について書かせていただきます。

ゴッホは手紙をたくさん書き遺している

今回ご紹介する『暗色のフェルト帽を被った自画像』は、オランダの画家でポスト印象派のヴィンセント・ヴァン・ゴッホが1887年に描いた自画像です。
44cm×37cmの油彩画で、現在は、オランダのアムステルダムにある「ファン・ゴッホ美術館」で所蔵されています。

『暗色のフェルト帽を被った自画像』に描かれているのは、ゴッホ自身です。
そのゴッホは、天才画家と呼ばれ、今も世界中の人々を魅了しています。
ゴッホは、たくさんの画家の中でも、一番多くの伝説と謎に包まれている画家だと言えるほど、とにかく情熱的で衝撃的なエピソードをたくさん持っています。
そんな、天才画家ゴッホですが、生前は、売れない画家でした。
ゴッホが生きている間に売れた作品は、たった1枚だけでした。
そんなゴッホの才能を信じ、献身的に援助していたのが、ゴッホの弟のテオです。
ゴッホは、テオの援助に依存していました。

狂人・天才・探求者・好色家・怠け者など、ゴッホは生前、様々なレッテルを貼られていました。
謎の多いゴッホですが、多くの手紙を書き遺しているのです。
そういった手紙などから、ゴッホの人生が少しづつ解明されているのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《暗色のフェルト帽を被った自画像》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

最近の投稿

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP