無一文で亡くなったフェルメール

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『真珠の耳飾の少女』について書かせていただきます。

レンブラントと同時期を生きたフェルメール

今回ご紹介する『真珠の耳飾の少女』は、17世紀のオランダの画家ヨハネス(ヤン)・フェルメールの代表作で、製作年は、1665年から1666年だといわれています。
46.5cm×40.0cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館で所蔵されています。

『真珠の耳飾の少女』を描いた、ヨハネス(ヤン)・フェルメールは、17世紀を代表するオランダの画家で、同じくオランダを代表する画家のレンブラントと同時期を生きました。
しかし、フェルメールは、レンブラントとは異なり、当時は無名に近かったのです。
フェルメールは、43歳という若さでこの世を去りました。
残された子供は、少なくとも11人もいたと言われています。
たくさんの子供達と妻を残して亡くなったフェルメールですが、多くの借金を残していたそうです。
フェルメールが注目を浴びるようになったのは、亡くなってから、かなりの年月が経った、19世紀以降です。
多くの謎が残るフェルメールが残した現存する作品は、全部で35点と言われています。
中でも最も有名なのが、今回ご紹介している『真珠の耳飾の少女』でしょう。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《真珠の耳飾の少女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

最近の投稿

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP