夜空の渦はゴッホの精神状態!?

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、フィンセント・ファン・ゴッホの『星月夜』について書かせていただきます。

ゴッホが『星月夜』を描いた場所

今回ご紹介する『星月夜』は、オランダのポスト印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホが1889年に描いた作品です。
73.7cm×92.1cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、アメリカのニューヨークにあるニューヨーク近代美術館で所蔵されています。
ゴッホが『星月夜』を描いた場所は、南フランスんのアルルにある、サン・ポール・ド・モゾル精神病院でした。
病室の窓から見えた景色を描いたのです。
ゴッホは、ゴーギャンとの共同生活中に、自分の耳を切断するという衝撃的な事件を起こしました。
その事件がキッカケで、ゴッホは、サン・ポール・ド・モゾル精神病院に入院することになるのです。

当時のゴッホは、精神的に、とても不安定な状態だったそうです。
そのため、『星月夜』に描かれた夜空は渦を巻いています。
これは、実際に夜空が渦を巻いていたわけではなく、ゴッホの精神状態が不安定だったことが表現されているのではないかと言われています。

決して現実の風景ではないですが、炎の画家と呼ばれたゴッホらしい作品ですね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《星月夜》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

最近の投稿

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP