「黄金様式」で描かれた『接吻』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、グスタフ・クリムトの『接吻』について書かせていただきます。

『接吻』にクリムトが込めた意志と希望


今回ご紹介する『接吻』は、19世紀末から20世紀にかけて、ウィーン分離派で象徴主義として活躍したグスタフ・クリムトが1907年から1908年に描いた作品です。
180cm×180cmの正方形のカンヴァスに描かれた油彩画で、現在はオーストリアのウィーンにある、ベルヴェデーレ宮殿で所蔵されています。
『接吻』は、「黄金様式」と呼ばれるクリムト独自の画風で描かれた作品です。
『接吻』には、黄金の光に包まれるようにして固く抱き合う男女が描かれています。
この作品には、世紀の転換期において新しい芸術を生み出そうとするクリムトの、強い意志と希望が込められているのです。

「黄金様式」とは、金と工芸的な模様を写実的な人物描写と融合された絵画様式す。
黄金に輝く『接吻』は、高級感があり、部屋を明るくオシャレに演出してくれます。

ちなみに、クリムトは代々彫金師の家系に生まれています。
そういった背景もあって、「黄金様式」の絵画を描いたのでしょうね。

プレゼントやお祝いにもピッタリの一枚ではないでしょうか。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《接吻》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP