下半身が不自由だったロートレック

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、『マルトX夫人―ボルドー』を描いた画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックについて書かせていただきます。

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの短い生涯

今回ご紹介する『マルトX夫人―ボルドー』は1900年にアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックが描いた作品です。
90cm×80.3cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、日本の岡山県にある「大原美術館」で所蔵されています。

『マルトX夫人―ボルドー』を描いたアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックは19世紀末、パリで活躍しました。
そんな、ロートレックは、裕福な伯爵家に1864年に生まれました。
少年時代、ロートレックは、不慮の事故によって、下半身が不自由になります。
しかし、ロートレックは絵に才能を見出し、18歳のとき、画塾に入塾しました。
そこで、ゴッホなど、他の同時期の画家たちと親交を深めたそうです。
ゴッホと親交があったロートレックの才能に初めに気づいたのは、ゴッホの弟のテオだったとも言われています。

ロートレックは、モンマルトルで、ナイトクラブに通い、娼婦やダンサーをモデルとした作品を多く描きましたが、36歳という若さで亡くなってしまいました。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《マルトX夫人―ボルドー》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP