『田舎のダンス』のモデルでルノワールの妻「アリーヌ・シャリゴ」

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『都会のダンス』と『田舎のダンス』について書かせていただきます。

『都会のダンス』と『田舎のダンス』

こちらの絵画は、『都会のダンス』で、フランスの印象派の画家ピエール・オーギュスト・ルノワールが1883年に描きました。
180cm×90cmの縦長のキャンバスに描かれた油彩画で、現在はフランスのパリにある「オルセー美術館」で所蔵されています。
モデルの女性は、シュザンヌ・ヴァラドンというフランス人女性で、当時、モデルや画家として活動していました。

こちらは『田舎のダンス』で、同じく1883年にルノワールが描きました。
180cm×90cmの縦長のキャンバスに描かれた油彩画で、『都会のダンス』と同じオルセー美術館で所蔵されています。
モデルは、後にルノワールの妻となるアリーヌ・シャリゴです。

後に、ルノワールの妻となったアリーヌ・シャリゴは、田舎娘で若い頃からふくよかでした。
しかし、アリーヌ・シャリゴは、ベルト・モリゾの一人娘だったジュリーに、「私は若い頃、とても痩せていた」と言っていたそうです。
しかし、ジュリーは、そのことについて日記で「信じられない」と書いていたそうですよ。
今も昔も、女性の心理というのは変わらないものなのでしょうね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《都会のダンス》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP