フェルメール作品の青の魅力

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『手紙を読む青衣の女性』について書かせていただきます。

『手紙を読む青衣の女性』に使用された貴重な顔料

今回ご紹介する『手紙を読む青衣の女性』は、オランダのバロック期を代表する画家であるヨハネス(ヤン)・フェルメールが1663年から1664年に描いた作品です。
46.6cm×39.1cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。

『手紙を読む青衣の女性』は『青衣の女』と呼ばれることもあり、女性の青色の服が特徴的な作品です。
フェルメールが作品の中で多く使用した「青色」は、きわめて高価なラピスラズリという貴石から作られた、ウルトラマリン・ブルーです。
ウルトラマリン・ブルーは、天上的なものや聖なるものを表すために使用されることが多く、とても貴重な顔料でした。
しかし、フェルメールは、その貴重な顔料を、一般の人々を描くために使用したのです。
『手紙を読む青衣の女性』に描かれた女性の服も、ウルトラマリン・ブルーで描かれています。
ウルトラマリン・ブルーは、フェルメールが作品で多く使用したことから、フェルメール・ブルーと呼ばれることもありますよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《手紙を読む青衣の女性》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP