夏を感じる作品『サン・タドレス:海辺のテラス』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、クロード・モネの『サン・タドレス:海辺のテラス』について書かせていただきます。

『サン・タドレス:海辺のテラス』

今回ご紹介する『サン・タドレス:海辺のテラス』は、印象派を代表するフランスの画家で、「光の画家」と呼ばれることもあるクロード・モネが1867年に描いた作品です。
98.1cm×129.9cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、アメリカのニューヨーク市マンハッタンにある世界最大級の美術館である、メトロポリタン美術館で所蔵されています。

モネは、1867年の夏、イギリス海峡のリゾート「ル・アーブル」で過ごしていました。
その時に描いたのが、今回ご紹介している『サン・タドレス:海辺のテラス』です。
『サン・タドレス:海辺のテラス』には、当時一緒に過ごしていたモネの家族が描かれています。
モネの父や、モネのいとこのジーン、アドルフ博士、アドルフ博士の父と娘と思われる人物も描かれています。

『サン・タドレス:海辺のテラス』は、とても明るい作品で、リゾート地で家族が一緒に過ごす穏やかな時間が描かれているように感じますよね。
しかし、実際には、モネの父親はモネの職業や生活態度に不満をもっており、この作品をモネが描いた時、モネと父親の関係はあまり良いものではなかったそうです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《サン・タドレス:海辺のテラス》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP