ゴーギャンがアルルで描いた作品『アリスカンの並木路 アルル』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ポール・ゴーギャンの『アリスカンの並木路 アルル』について書かせていただきます。

ゴーギャンがゴッホと共同生活を始めてすぐに描いた作品『アリスカンの並木路 アルル』

今回ご紹介する『アリスカンの並木路 アルル』は、フランスのポスト印象派の画家であるポール・ゴーギャンが1888年10月末に描いた作品です。
現在は、日本の東京都新宿にある東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館で所蔵されています。

ゴーギャンが『アリスカンの並木路 アルル』を描いたのは、40歳の時でした。
ゴーギャンは、ゴッホに誘われ、南フランスのアルルという街で共同生活を始めます。
その共同生活を始めた頃に、『アリスカンの並木路 アルル』を描きました。
アリスカンとはアルルの南東にある古代ローマ遺跡のことです。

ゴッホとゴーギャンの共同生活はすぐに終わりを迎える

南フランスのアルルで、共同生活を始めたゴッホとゴーギャンですがですが、2人の共同生活は、たった2ヶ月で終わりを迎えました。
キッカケは、1888年12月に、ゴッホとゴーギャンが酒を飲んで言い合いになり、ゴッホが自分の耳を切断した事件です。
その事件が原因で、ゴーギャンはアルルを離れパリに戻ったと言われています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《アリスカンの並木路 アルル》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP