ルノワールの絵画は楽しい

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』について書かせていただきます。

『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』とは?

今回ご紹介する『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』は、フランスの印象派の画家であるピエール・オーギュスト・ルノワールが1876年に描いた作品です。
131cm×175cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はフランスのパリにある、オルセー美術館で所蔵されています。

『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』とは、フランス・パリのモンマルトルにあるギャンゲットです。
ギャンゲットとは、郊外にあるダンスホールと居酒屋が融合したような施設です。
当時の庶民たちは市外に出て、酒や娯楽を楽しんでいたそうですよ。
モンマルトル地区には、労働者階級の人々も多く暮らしていました。
そのため、ムーラン・ド・ラ・ギャラットにも多くの労働者が憂さ晴らしにやってきていました。

しかし、ルノワールは、楽しくなる絵しか描きませんでした。
ルノワールの作品を、たくさん見ていると気づくと思いますが、彼の作品は、明るく、見ている人が楽しくなるような絵画が多いですよね。
今回ご紹介している『ムーラン・ド・ラ・ギャラット』も、人々が楽しんでいる様子しか描かれていません。
本来なら、そこに居るはずの「憂さ晴らしをする労働者」は描かれていないのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ムーラン・ド・ラ・ギャラット》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP