ルノワールの晩年の作品『眠る裸婦』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ピエール・オーギュスト・ルノワールの『眠る裸婦』について書かせていただきます。

『眠る裸婦』

今回ご紹介する『眠る裸婦』はフランスの印象派の画家であるピエール・オーギュスト・ルノワールが1897年に描いた作品です。

ルノワールは、人物画を中心に多くの作品を残しています。
そんな、ルノワールは、豊満で官能的な裸婦をたびたび描きました。
例えば、『眠る裸婦』の他にも、『陽光のなかの裸婦』や『欲女たち』、『女の半身像』なども、裸婦が描かれています。

『眠る裸婦』はルノワールの晩年の作品で、本作を描いた年、ルノワールは、持病のリュウマチが悪化します。
そして、その後、車椅子生活となったのです。
ルノワールの晩年は、体調不良や病気のより、良い状態ではありませんでした。
それでも、ルノワールは絵を描くことを最後まで辞めませんでした。
なんと、亡くなる日も、絵を描いていたそうです。
ルノワールは、78歳で亡くなりましたが、最期の時まで、画家であり続けたのです。

『眠る裸婦』に描かれている女性はとても優しく穏やかな表情をしていますね。
ルノワールは、「幸せ」をテーマに絵を描いていましたので、描かれている人物の表情は穏やかなものが多いのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《眠る裸婦》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP