ゴッホが起こした衝撃的な事件

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、フィンセント・ファン・ゴッホの『パイプをくわえた自画像』について書かせていただきます。

ゴッホが自分の耳を切断!?

今回ご紹介する『パイプをくわえた自画像』は、オランダのポスト印象派の画家で、「炎の画家」と呼ばれるほど情熱的なエピソードが残されている、フィンセント・ファン・ゴッホが1889年1月に描いた作品です。
51cm×45cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はスタブロス・スピロス・ニアルコスの個人所蔵となっています。

ゴッホは、『パイプをくわえた自画像』を描く前、衝撃的な事件を起こしました。
ゴーギャンと、南フランスのアルルで共同生活をしていたゴッホは、ある日ゴーギャンとお酒を飲んでいました。
そこで、ゴーギャンと口論になったゴッホは、その場で自分の耳を切断します。
1888年12月23日の出来事でした。
そして、ゴッホは切断した自分の耳を、お気に入りの娼婦のところに持っていったそうです。
なんとも衝撃的な事件ですよね。
この事件は、ゴッホを語る上で、欠かせない有名なエピソードとなっています。

その次の月に、ゴッホが描いたのが『パイプをくわえた自画像』でした。
だから、『パイプをくわえた自画像』描かれたゴッホは、耳に包帯を巻いた姿なのです。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《パイプをくわえた自画像》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP