ムンクの『太陽』からは生命力を感じることができる!

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、エドヴァルド・ムンクの『太陽』について書かせていただきます。

明るく元気な作品!ムンクの『太陽』

今回ご紹介する、『太陽』はノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクが1911年から1916年にかけて描いた作品です。
縦4m50cm、横7m80cmというムンク作品の中では最も大きなキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、ノルウェーのオスロにある「オスロ大学」で所蔵されています。

ムンクの代表作と言えば『叫び』が有名ですが、『叫び』は不安や憂鬱を表現している作品のため、全体的に暗い印象がありますよね。
『叫び』以外にも、『絶望』や『嫉妬』など、ムンクの作品は、不安や絶望、憂鬱などの精神的不安が描かれていることが多いイメージがあるのではないでしょうか。
しかし、今回ご紹介している『太陽』は、精神的不安とは真逆で、明るく元気で、生命力に溢れた作品です。
ムンクが描いた作品の中で最も大きく、今までの作品とは異なる印象があります。

『太陽』は、ムンクが晩年に描いた作品です。
晩年のムンクは精神的に安定していたと言われています。
だからこそ、『太陽』のような明るく元気な力強い作品が生まれたのでしょう。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《太陽》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP