フェルメールの最も有名な作品『真珠の耳飾の少女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『真珠の耳飾の少女』について書かせていただきます。

『北のモナリザ』や『青いターバンの少女』とも呼ばれた『真珠の耳飾の少女』

今回ご紹介する『真珠の耳飾の少女』は、17世紀のオランダの画家ヨハネス(ヤン)・フェルメールの代表作で、製作年は、1665年から1666年だといわれています。
46.5cm×40.0cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館で所蔵されています。

ヨハネス(ヤン)・フェルメールは、17世紀を代表するオランダの画家です。
現存するフェルメール作品は、全部で35点と言われていますが、その中でも最も有名な作品が、『真珠の耳飾の少女』です。
『真珠の耳飾の少女』は、肖像画のようにも見えますが、実は、肖像画ではなく、トローニーなのです。
トローニーとは、肖像画のように特定の人物やモデルを描いたものではなく、一般的な顔を描いたモデルのいない人物画のことです。
つまり、『真珠の耳飾の少女』には、特定のモデルがいないということなのです。

『真珠の耳飾の少女』は、『北のモナリザ』や『青いターバンの少女』とも呼ばれていましたが、ウリッツハイス美術館が『真珠の耳飾の少女』と名付けていたことや、映画のモチーフになったことから、『真珠の耳飾の少女』と呼ばれるようになったと言われています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《真珠の耳飾の少女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP