質感が伝わってくる『牛乳を注ぐ女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『牛乳を注ぐ女』について書かせていただきます。

フェルメール・ブルーを多く使用して描かれた『牛乳を注ぐ女』

今回ご紹介する『牛乳を注ぐ女』は、オランダの画家であるヨハネス(ヤン)・フェルメールが1658年〜1659年頃に描いた作品です。
45.5×41cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はオランダの首都アムステルダムにある、アムステルダム国立美術館で所蔵されています。

『牛乳を注ぐ女』には、使用人(メイド)が、固くなったパンを牛乳に浸して柔らかくしようとしている姿が描かれています。
この作品で、まず目に飛び込んでくるのが、使用人が腰に巻いている青色のエプロンです。
鮮やかな青色で、エプロンが描かれていますね。
この青色は、フェルメール作品に多く使用されている、フェルメール・ブルーと呼ばれる色で、とても高価なラピズラズリという貴石から作られています。

質感が伝わってくる作品

フェルメール作品は、とても人気があります。
それは、多くの人が親しみやすい作品であることも理由の一つでしょう。
多くの人が親しみやすいと感じる理由には、フェルメールの作品は質感までもがリアルに描かれているということも挙げられます。
『牛乳を注ぐ女』でも、使用人のエプロンや頭巾は、布の柔らかさが描かれていますね。
さらに、牛乳が入っている壺のようなものは固さが伝わってきます。
そこから流れ出る牛乳は、液体のなめらかさが表現されています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《牛乳を注ぐ女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP