人物画が得意だったルノワールが描いた『舟遊びをする人たちの昼食』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、『舟遊びをする人たちの昼食』を描いた画家ピエール・オーギュスト・ルノワールについて書かせていただきます。

『舟遊びをする人たちの昼食』を描いた画家ピエール・オーギュスト・ルノワール

今回ご紹介する『舟遊びをする人たちの昼食』は、フランスの印象派の画家であるピエール・オーギュスト・ルノワールが1876年に描いた作品です。
129.9 cm × 172.7 cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はアメリカのワシントンD.C.にある美術館、フィリップス・コレクションで所蔵されています。
『舟遊びをする人たちの昼食』を描いたルノワールは、1841年にフランスのリモージュで生まれ、4歳の時にパリに移住しました。
陶器の絵付け職人として修行していたルノワールですが、19歳の時に画家の道を歩み始めます。
ルノワールは、19世紀を代表する印象派の画家で、人物画が最も得意でした。

ルノワールの絵画は、見ていて楽しい作品が多いのも特徴です。
それは、ルノワール自身が、幸せを描くことを重視していたからなのです。
そのため、ルノワールの作品には、友人や家族が描かれていることが多いです。

『舟遊びをする人たちの昼食』にも、ルノワールの友人たちがたくさん描かれています。
友人たちが、テラスで休日を楽しむ姿は、ルノワールにとって「幸せ」以外のなにものでもなかったのでしょうね。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《舟遊びをする人たちの昼食》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP