フェルメール作品によく登場する真珠や黄色の上着

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『真珠のネックレスを持つ少女』について書かせていただきます。

フェルメール作品『真珠のネックレスを持つ少女』

今回ご紹介する『真珠のネックレスを持つ少女』は17世紀のオランダの画家であるヨハネス(ヤン)・フェルメールが1662年から1665年に描いた作品です。
現在は、ドイツのベルリンにあるベルリン美術館の絵画館で所蔵されています。
『真珠のネックレスを持つ少女』というタイトルの通り、本作には真珠のネックレスをつけた少女の姿が描かれています。
フェルメールの他の作品でもよく見られる、左側から光が指す構図で描かれていますね。
この構図は、『手紙を読む青衣の女性』や『窓辺で手紙を読む女性』、『牛乳を注ぐ女』、『リュートを弾く女性』などでも見られます。

フェルメールの作品には、真珠のネックレスやイヤリング、黄色い上着がたびたび、登場するのですが、『真珠のネックレスを持つ少女』にも黄色い上着や真珠のイヤリング、真珠のネックレスが描かれていますね。

そして『真珠のネックレスを持つ少女』のモデルの女性と、『手紙を書く女性』のモデルの女性は同一人物だと言われています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《真珠のネックレスを持つ少女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP