ゴッホらしくない?『ジャガイモを食べる人々』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『ジャガイモを食べる人々』について書かせていただきます。

暗いけど落ち着く『ジャガイモを食べる人々』

今回ご紹介する『ジャガイモを食べる人々』はオランダのポスト印象派の画家で、炎の画家とも呼ばれたヴィンセント・ヴァン・ゴッホが1885年に描いた作品です。
81.5cm × 114.5cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在はオランダのアムステルダムにある、ゴッホ美術館で所蔵されています。

ゴッホの作品と言えば、『ひまわり』や『種蒔く人』など、黄色を多く使った明るい作品のイメージがあるのではないでしょうか。
一方で『ジャガイモを食べる人々』は、全体的に暗く落ち着いた色合いの作品です。
しかし、これもゴッホの有名な作品の1つなのです。
ゴッホが『ジャガイモを食べる人々』を描いたのは、まだ初期の頃でした。
ミレーに影響を受けたゴッホは農民のありのままの姿を描きたいと思い、『ジャガイモを食べる人々』を描いたそうです。

『ひまわり』や『種蒔く人』などは、ゴッホが南フランスのアルルで描いた作品で、『ジャガイモを食べる人々』とは大きく作風が異なる感じがしますが、どれも素敵な作品ですよ。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《ジャガイモを食べる人々》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP