フェルメールの作品を映画化した『真珠の耳飾りの少女』

絵画販売ドットコムのブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、ヨハネス(ヤン)・フェルメールの『真珠の耳飾の少女』について書かせていただきます。

フェルメールの代表作『真珠の耳飾の少女』

今回ご紹介する『真珠の耳飾の少女』は、17世紀のオランダの画家ヨハネス(ヤン)・フェルメールの代表作で、製作年は、1665年から1666年だといわれています。
46.5cm×40.0cmのキャンバスに描かれた油彩画で、現在は、オランダのデン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館で所蔵されています。

このフェルメールの代表作である『真珠の耳飾りの少女』は映画化もされているのです。
映画のタイトルは、作品の名前と同じ『真珠の耳飾りの少女』で、タイル職人の娘である一人の少女が、フェルメールの家に家政婦として奉公にでるというストーリーです。

フェルメールが描いた『真珠の耳飾りの少女』は、モデルがいる肖像画ではなく、モデルが存在しないトローニーだと言われています。
しかし、映画の中では、主人公の家政婦の少女が『真珠の耳飾りの少女』のモデルだと設定されています。

映画『真珠の耳飾りの少女』では、フェルメール絵画でよく目にする左手に窓がある部屋が登場し、フェルメールの絵画の世界を再現しています。

クレアネットの絵画販売ドットコムでは、肉筆で描かれた《真珠の耳飾の少女》の複製画を販売しています。
部屋に飾ってみたい方はこちらからご覧いただけます。

============================

絵画販売ドットコム(複製画)油絵の模写・通販

TEL:06-4792-8281 FAX:06-4792-8291

============================

関連記事一覧

アーカイブ

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP